螢▲鵐競い瞭鸞緻

埼玉県草加市で建築業を営む螢▲鵐競す務店の二代目のブログです
<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 久しぶりのあられ君 | main | 栽培物がきになる・・・ >>

チョット細かいところ

当社では、真壁和室の鴨居の上には「引きボルト」という金物を使用

してます。

このボルトを使うと、柱や鴨居の隙間が出来にくくなり、さらに

構造的にも強度が増します。

かなり専門的な話ですが、この施工をしている会社は珍しいです。



金物で引っ張ってます。
私の住宅価値感 | permalink | comments(3) | trackbacks(0) | - | - |

この記事に対するコメント

引き金具というのは初めて知りました。
柱間を引っ張って寄せ合って、くるいが出ないようにするためなのでしょうか?
中川 | 2007/08/04 7:54 PM
これって、和室って所が重要なポイントですか。?
仕上げの壁の仕様や2階に載る部屋の有無とか。?何か基準(君的に)ってあるの。?

構造的に、梁やその他ブレス的な利用は見かけますが…珍しいですね。
ここまでの施工は見ませんね。

これなら、狂いはないですね。

石井
石井 | 2007/08/05 5:37 AM
これは、基本的には和室の造作材の狂いを抑えるためのものです。

真壁の和室であれば、壁の仕様や間取りに関係なく、必ず取り付けます。


元々は大工さんとオヤッサンで考案したものです。


二代目 | 2007/08/05 8:37 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.anzai.cc/trackback/637457
この記事に対するトラックバック