螢▲鵐競い瞭鸞緻

埼玉県草加市で建築業を営む螢▲鵐競す務店の二代目のブログです
<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 階段の架け替え | main | 包丁研ぎ >>

タイのアユタヤ遺跡

2002年(27才)

この年に当時勤めていた会社が民事再生法により、大幅な縮小を行うことに

なりこの機会に転職をすることとなった私は、1ヶ月の退職休み時間と

少しの退職金を手に、タイのアユタヤ遺跡を見に、初の「世界不思議発見」

旅行へ出かけたのでした。

遺跡見学の醍醐味は建造物そのものよりも、当時この建築に携わった人々の

気持ちやその頃の文化を想像する事にあります。

これだけの建築を完成させるには機械の発達した現在の何倍もの時間と

労力を必要とするはずです。

各国の建築は宗教からの影響が非常に大きく、その国の代表的な建物は、

その国の宗教によって決まるといっても良いでしょう。

このときの遺跡見学が、より様々な文化への興味の向上をもたらしました。


アユタヤ遺跡
私の旅行記 | permalink | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |

この記事に対するコメント

実物を見る事は、写真やテレビで見る以上に感じる物がありますね。

今の日本は、世界中の文化が入って来ていますので、
本来の日本文化ってなんだろうと思います。

自然も?宗教も?信条?まぁ、
サラッと吸収できる文化が日本本来の文化ですかね。

吸収できる文化ってある意味凄いと思いますね。
なので、戦争や戦いが無い国と思います。

石井
石井 | 2007/07/17 6:03 AM
日本人は強いこだわりを持ちつつ、それを表向きには誇示せず、内に秘めることが多いのでは。

しかしながら、心の奥底には世界でも独特な文化・風習を重んじているように感じます。


二代目 | 2007/07/17 8:48 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.anzai.cc/trackback/618113
この記事に対するトラックバック