螢▲鵐競い瞭鸞緻

埼玉県草加市で建築業を営む螢▲鵐競す務店の二代目のブログです
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

良い仕事と良いマナー

只今、新築工事中のお客様より頂いたお言葉です。

「現場にいる職人さんがすごく気持ちよく挨拶してくれるからこっちも

気持ち良いわ」

私の頭の中で【ガーーーーーン!!!!!】と音がしました。

すごく大事なご意見だと思いました。

今までは「良い仕事をすればお客さんは来る」でしたが、これからは

「良い仕事と良いマナー」が最低限求められます。

これが出来なければ仕事の依頼は減ってしまい、会社の存続は出来なく

なってしまうのは間違えないでしょう。

今回は弊社はお客様から良い評価を頂きましたが、今後もずっとそうある

ためには、「良い仕事と良いマナー」を毎回徹底する他ありません。

良いご意見ありがとうございました楽しい
私の住宅価値感 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

同業他社さんの現場

私が以前勤めていた会社の先輩が住宅会社を営んでおります。

「のぞみホーム」の武内社長さんです。

同じ住宅の会社をやっているので、ライバルであり仲間でもあります。

「自分の仕事しか知らない。」というのは非常に視野を狭めてしまい、

自分自身の成長を妨げてしまうと考えている私は、なるべく機会を作り

様々な現場を見て歩くよう心がけています。



左が先輩の武内社長
私の住宅価値感 | permalink | comments(4) | trackbacks(0) | - | - |

チョット細かいところ

当社では、真壁和室の鴨居の上には「引きボルト」という金物を使用

してます。

このボルトを使うと、柱や鴨居の隙間が出来にくくなり、さらに

構造的にも強度が増します。

かなり専門的な話ですが、この施工をしている会社は珍しいです。



金物で引っ張ってます。
私の住宅価値感 | permalink | comments(3) | trackbacks(0) | - | - |

リビング階段にはドアが必要

暖房を逃がさないために。

気候の良いときは開放して光を落とします。


ドアを閉めると

ドアを開けると
私の住宅価値感 | permalink | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |

クローゼットの内部

住宅を予定している方の気になることの上位にいつもくるのが『収納』

だそうです。

収納はただ単にスペースをとれば良いというものではなく、施主が

どのような物をどれだけ持っているのかを把握しなければなりません。

またウォークインクローゼットは聞こえは良いのですが、実際には人が

立つ場所が必要な為、意外と収納量はかせげないのです。

では最も良い収納の取り方とは・・・

間口が広く奥行を用途ごとになるべく浅く取る『リーチインクローゼット』

です。

そして中の棚等を可動棚として後で仕切りを自由に変えられるように

するとベストです。



リーチインクローゼットの内部
私の住宅価値感 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

蓄熱式暖房機 アルディ

お客さんと最初に打合せするときにはまず、しつこいくらいその家庭の

生活スタイルをヒアリングします。

誰が何時間くらい家にいるか? 

洋服をどれくらいもっているか?

何色が好きか?  

ペットはいるか?

ゴルフ、釣りはやるか?

etc etc etc ・・・・・・

ヒアリングは多ければ多いほどお客さんのご要望の住宅に近づきます。

暖房器具の選定においては家で長く過ごす家族がいるかどうかが大きな

要因となり、長時間家で過ごす家族がいる場合は絶対的に蓄熱式の暖房機

の提案をします。

この蓄熱式暖房機の場合は、安価な深夜電力(昼間の3分の1)を利用し

中に組み込まれている200kgのレンガを高温に暖め、その輻射熱で

24時間の暖房を実現します。

時間によっての入切が出来ない為、ワンシーズンつけたままでの使用と

なりますので、家族が朝と夜しか家にいる時間がない家庭には不向き

なのです。

暖房機ひとつをとっても家庭生活形態によって設備を選定しなければ本当に

快適な住環境は提案できません。



奥のカウンターの下にあるのがアルディです。
私の住宅価値感 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

ショールームを見る意味

昨日は雨の中トステム東京ショールームに設備の見学に行きました。

近頃はサッシ、玄関ドア、内部建具、キッチン、ユニットバス、洗面台

と住宅設備は全て実物をお客さんに確認していただいてから発注しています

草加からわざわざ錦糸町まで行くのは、行って見て、体感して頂いて

お客さんに納得してもらいたいからです。

写真やカタログは形は分かりますが、実際の色や大きさは全くといって

いいほどお客様には伝わりません。

このショールームは日本で最大規模で、見て廻るのに丸一日を要しますが

一日かけてお客さんを案内し納得していただいたほうが、時間として

結果的には効率よく打合せできるのです。




私の住宅価値感 | permalink | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |

リビング階段

昨日の『吹抜け』に続きまして、『リビング階段』です。

リビング階段も最近では流行なのか結構増えています。

その理由としては、必ずリビングを通って個室に行かなくてはならない

ので家族のコミュニケーションが増えるといった事がメインのようです。

しかし、リビング階段にも吹抜けと同じ落とし穴があり、音や暖房の

問題があります。

そう考えると階段部に建具をつけて仕切ることが必要です。

明日の私の姉の新築住宅の見学会の家も吹抜けとリビング階段が

あるので建具による仕切りを設けました。

ドアを開けると↓

ドアを閉めると↓
私の住宅価値感 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

採光

住宅の敷地が小さい日本では家の間取りを考えるとき、採光はとても

重要な要素となります。

その為、昼間居ることの多いリビングを2階に持っていく家も多いのですが

1階にリビングがあるのにお隣さんと家が近く、リビングが暗くなって

しまう場合は吹抜けが有効です。

ただ吹抜けを造るだけでは、空調が悪くなってしまうので暖房や

建具などでの仕切りを考慮しなくてはなりません。

それとリビングでの音が2階に漏れてしまうので防音対策も必要です。

格好の良いリビングに憧れて、造っては見たものの上記のような

欠点を対策していない家が多いようです。


私の住宅価値感 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

無垢材が好き

先週の日曜日に開催した新築工事中現場見学会、大入りでした。

合計来場数23組 内訳は 大工さん紹介20組 チラシ3組 でした。

この現場は当社の大工さんが、自分の家を自分で建てているので、近所の

顔見知りの方々に大工さん自ら声掛けをしてくれて、この様な来場となった

のですが、日頃の大工さんの交友関係の賜物でした。感謝。

チラシのほうも私自身ポスティングしたのですが、300枚で3組という

高確率に驚きました。自分で地域を廻るのは、市場を知るのにかなり

有効なのであります。

さて、お客様の感想はと言いますと、皆さん一様に無垢の木をふんだんに

使用した建物を気に入って頂いたようです。工事中の現場は木のにおいで

包まれ人を心地よい気分へと誘います。これが嫌いな方はあまりいない

様です。

そんな中、当社で7年前に防義処理をさせて頂いたお客様が来場されまし

た。そのお客様はポスティングしている時には気付かずたまたまチラシを見

て来てくださったのですが、ナント丁度新築を考え始めたところで、

そのまま、敷地を見せてもらいました。後日プラン提案します。

こんなこともあるんだなあ・・・・・

次回、新築現場見学会は明後日10月1日(日)10:00〜17:00

草加市の現場で行います。

またまた良い事がありますように。

私の住宅価値感 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |